消費税10%改正【要点まとめ】経過措置③工事契約等

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

事業者が平成25年10月1日から平成31年3月31日までに締結した工事の請負に係る契約に基づいて、令和元年10月1日以降に当該契約に係る目的物を引き渡した場合には、旧税率8%が適用されます。

この規定の適用を受けた事業者は相手方に対して、この規定の適用を受けた旨を書面で通知する必要があります。

なお、平成31年4月1日以降に対価の額が増額された場合には、増額前に係る部分に限ります。

また、工事の請負に「類する」契約についても、同様に旧税率8%が適用されます。

工事の請負に「類する」契約とは、製造の請負契約、測量、地質調査、工事の施工に関する調査、ソフトウェア開発その他の請負に係る契約で、その完成に長期間を要し、目的物の引き渡しが一括で行われるもののうち、相手方の注文が付されているものをいいます。

 

関連記事

  1. 給与を支給している従業員を外注扱いできないの?
  2. 輸出取引に消費税は課税されるの?
  3. 2019年度税制改正大綱の概要
  4. 消費税の計算のために必要な帳簿、書類は?
  5. 【マイホーム売却の軽減税率】10年以上住むと自宅を売却した場合の…
  6. 【3,000万円の特別控除】自宅を売却しても税金はかからない?
  7. 従業員と飲食店に行ったときの飲食費は会議費として処理できるの?
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q17)…

最近の記事

PAGE TOP