給料の支払い以外で源泉徴収が必要な場合は?

Q. 給料の支払い以外で源泉徴収が必要な場合は?

①個人に対する報酬・料金等で以下のものは源泉徴収の対象となります。

・原稿料、講演料、デザイン料、翻訳料、指導料など

・弁護士、公認会計士、税理士など特定資格を保有する人に支払う報酬

・プロスポーツ選手、芸能人、外交員などに支払う報酬

・接客業(ホステスなど)に支払う報酬 など

②報酬の支払金額が100万円以下の部分には税率10.21%、100万円を超える部分には税率20.42%で、源泉徴収税額を算定します。

③報酬・料金等のうち、消費税額が明確な場合は、税抜金額に税率を掛けて源泉徴収税額を算定、不明な場合は、税込金額に税率を掛けて算定します。

 

関連記事

  1. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q28)
  2. 【消費税増税速報】実質負担税率は3%・5%・6%・8%・10%の…
  3. 固定資産の修理・改良等のために支出した費用の取扱いは?
  4. 【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q2)
  5. 在庫の棚卸はいつ、どのように行うの?
  6. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q32)
  7. 青色申告(法人の場合)のメリットは?
  8. 消費税の計算のために必要な帳簿、書類は?

最近の記事

PAGE TOP