給料の支払い以外で源泉徴収が必要な場合は?

Q. 給料の支払い以外で源泉徴収が必要な場合は?

①個人に対する報酬・料金等で以下のものは源泉徴収の対象となります。

・原稿料、講演料、デザイン料、翻訳料、指導料など

・弁護士、公認会計士、税理士など特定資格を保有する人に支払う報酬

・プロスポーツ選手、芸能人、外交員などに支払う報酬

・接客業(ホステスなど)に支払う報酬 など

②報酬の支払金額が100万円以下の部分には税率10.21%、100万円を超える部分には税率20.42%で、源泉徴収税額を算定します。

③報酬・料金等のうち、消費税額が明確な場合は、税抜金額に税率を掛けて源泉徴収税額を算定、不明な場合は、税込金額に税率を掛けて算定します。

 

関連記事

  1. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q9)
  2. 社会保険の被扶養者になるための条件は?
  3. 相続財産の分配はどうするの?
  4. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q29)
  5. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q2)
  6. 相続で空き家になった不動産を売った場合の特例はあるの?
  7. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【月払いの給与(時…
  8. 従業員と飲食店に行ったときの飲食費は会議費として処理できるの?

最近の記事

PAGE TOP