消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q19)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後(新税率10%)に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など一部の対象品目については、税率8%が適用される「軽減税率制度」が講じられます。

(ペットフードの販売)

Q ペットフードや家畜の飼料の販売は、消費税の軽減税率8%の適用対象となりますか。
A消費税の軽減税率8%の適用対象となるのは、人の飲用または食用の「食品」に該当するものです。
ペットフードや家畜の飼料は、人の飲用または食用のために提供される「食品」には該当しないため、消費税の軽減税率8%の適用対象とはなりません。

関連記事

  1. 特別受益とは?
  2. 消費税軽減税率制度説明会(税務署主催)
  3. 2019年5月より新元号「令和」に!経理で必要な対応は?
  4. 遺産分割協議とは?
  5. バイオリンの名器「ストラディバリウス」は経費になる?
  6. 土地や建物以外にも固定資産税はかかるの?
  7. 社員旅行の費用は会社の経費となるの?
  8. 会社が海外居住者や外国法人から不動産を賃借した場合、源泉徴収は必…

最近の記事

PAGE TOP