GoToトラベルで得したお金に税金がかかるの?

GoToトラベルキャンペーンを利用して旅行すると、最大で国内旅行の代金総額の50%相当額(うち35%は旅行代金が割引き、15%は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与)が国から支援され、また、対象期間中は連泊や利用回数の上限はありません。

GoToトラベルキャンペーンの対象期間は2020年7月22日(水)から2021年2月1日(月)チェックアウトまで(日帰り旅行の場合は1月31日に帰着のもの)となっており、まだまだ利用期間は残っています。

かなりお得な制度のため、多くの旅行プランの予約が埋まっている状況のようです。

このGoToトラベルキャンペーンですが、得した50%相当額に税金はかかるのでしょうか?

実は、この50%相当額の給付は、旅行者個人の一時所得として所得税の課税対象となります。

課税対象になるとはいえ、一時所得には50万円の特別控除が適用されるため、年間(1月1日から12月31日)で合計50万円を超える給付額がない限り税金は発生しません(申告不要)。

ちなみに、他に懸賞や賞金、競馬の払戻金などがある人は、それらも合計して50万円を超えないか確認する必要があります。

関連記事

  1. 持続化給付金の申請期限延長
  2. 【国税庁】新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税の…
  3. 軽減税率対策補助金の申請期限は令和元年(2019年)12月16日…
  4. 【3,000万円の特別控除】自宅を売却しても税金はかからない?
  5. 新型コロナウイルス給付金
  6. 国税庁「配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しに関するFAQ」を大…
  7. 【新型コロナウイルス感染症対策】持続化給付金
  8. 【助成金】新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース

最近の記事

PAGE TOP