【新型コロナウイルス感染症対策】持続化給付金

経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、甚大な影響を受けている事業者に対して、「持続化給付金」を支給することを発表しました。

持続化給付金の概要は以下の通りです。

 

①給付対象者

資本金10億円以上の大企業を除き、中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主

医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人なども幅広く対象となる予定です。

 

②給付金額

原則として、法人は200万円、個人事業主等は100万円

ただし、前年からの売上の減少分(※)を上限とする。

(※)売上の減少分 = 前年の総売上 - 前年同月比50%以上減のひと月の売上×12ヶ月

なお、2020年1月から12月までのうち、前年同月比で売上が50%以上減のひと月を事業者で選択できます。

 

③申請方法

原則として、電子申請の予定

必要に応じて申請窓口を順次設置予定

 

④申請・給付の期間

補正予算の成立後(4月最終週)、1週間程度で申請受付を開始し、電子申請の場合、申請後2週間程度で給付することが想定さています。

関連記事

  1. 持続化給付金や特別定額給付金などに税金は課されるの?
  2. 消費税増税まであと2ヶ月 中小企業の対応に遅れ
  3. 2020年4月より中小企業の時間外労働の上限規制が施行
  4. 働き方改革、いよいよスタート!【要点まとめ】
  5. 【助成金】新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース
  6. 新型コロナウイルス給付金
  7. キャッシュレス・ポイント還元対象店舗検索アプリ
  8. マイナンバーカード 健康保険証、お薬手帳などと一体化

最近の記事

PAGE TOP