新型コロナウイルス感染症特別貸付/日本政策金融公庫

日本政策金融公庫では、新型コロナウイルス感染症の影響によって、一時的に業況が悪化している事業者を対象とした「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を取り扱っています。

日本政策金融公庫の融資をご希望される方は、申し込みに必要な書類を準備し、最寄りの支店まで提出してください。

申し込みに必要な書類は主に以下の通りです。

①借入申込書(日本政策金融公庫のホームページからダウンロードできます)

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html

②新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書(①と同様にダウンロード)

③直近2期分の確定申告書・決算書の写し(法人の場合は勘定科目内訳明細書含む)

④融資が初めての場合は、履歴事項全部証明書(法人の方)、事業概要書、印鑑証明書、納税証明書など

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の要件などは以下の通りです。

要件等 新型コロナウイルス感染症の影響で、一時的に業績が悪化し、以下の要件に該当する場合で、業績が回復する見込みのある方

①最近1カ月の売上高が、前年または前々年の同期比較して5%以上減少

②事業を開始してから3ヶ月以上1年1ヶ月未満の場合等は、直近1ヶ月の売上高が以下のいずれかと比較して5%以上減少

・過去3ヶ月(直近1ヶ月含む)の平均売上高

・令和元年12月の売上高

・令和元年10月から12月の平均売上高

資金用途 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および運転資金
融資限度額 【国民生活事業】別枠6,000万円

【中小企業事業】別枠3億円

返済期間<据置期間> ・設備投資:20年以内<うち5年以内>

・運転資金:15年以内<うち5年以内>

利率(年) 【国民生活事業】

・3,000万円以下

当初3年間:基準(災害)-0.9%

3年経過後:基準(災害)

・3,000万円超

基準(災害)

【中小企業事業】

・1億円以下

当初3年間:基準(災害)-0.9%

3年経過後:基準(災害)

・1億円超

基準(災害)

担保 無担保
実施期間 日本政策金融公庫

 

関連記事

  1. マイナンバーカード 健康保険証、お薬手帳などと一体化
  2. マイナンバーカードで買い物ポイント還元
  3. 2019年5月より新元号「令和」に!経理で必要な対応は?
  4. 2020年4月より中小企業の時間外労働の上限規制が施行
  5. 【新型コロナウイルス感染症対策】持続化給付金
  6. 消費税増税対策「プレミアム商品券」
  7. 【国税庁】新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税の…
  8. 2019年4月から新制度などが一斉スタート

最近の記事

PAGE TOP