消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q34)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後(新税率10%)に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など一部の対象品目については、税率8%が適用される「軽減税率制度」が講じられます。

(飲食料品の送料)

Q飲食料品の送料は、消費税の軽減税率8%の適用対象となりますか。
A 飲食料品の送料自体は、飲食料品の販売の対価ではないため、消費税の軽減税率8%の適用対象とはなりません。
なお、送料込みの料金を設定し、別途送料を請求しない場合は、消費税の軽減税率8%の適用対象となります。

関連記事

  1. 30万円未満の資産はすべて経費になるの?
  2. 令和2年度税制改正 法人課税関係②交際費課税
  3. 消費税転嫁拒否や通報に対する報復行為は違法
  4. 消費税増税対策 キャッシュレス決済のポイント還元制度
  5. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置②電気料金等
  6. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  7. 売上はいつ計上するの?【サービス業】
  8. 消費税増税に伴う幼児教育・保育の無償化

最近の記事

PAGE TOP