販売管理データや会計データ・税務データのコンバートツールの開発

・販売管理ソフトから出力されるデータを会計ソフトに入力するのに時間がかかっている

・会計ソフトが使いづらい

・会計ソフトや税務申告ソフトのランニングコストが高い

・現在の税理士・会計事務所が作成する帳簿データでは、詳細な経営状況のデータ分析ができない

会計や税務に関するご相談のみならず、データ処理業務の効率化や会計ソフトの切り替え等に関するご相談をお受けすることも少なからずあります。

業務効率化ソフトウェアの開発や会計システムの移行などをITメーカーに依頼すると、開発に何か月もかかったり、高額な開発費用を請求されることもあります。

実務上は、それほど大掛かりなシステムを開発するまでもなく、簡易的なツール(Excelなど)で十分間に合う、または、簡易的なツールの方が使い勝手が良いという場合も少なくありません。

清水公認会計士・税理士事務所では、元SEの開発経験を活かし、業務効率化ツールや会計データ・税務データの移行ツールなどを、低コストで短い開発期間でご提供することが可能です。

業務の効率化や会計ソフトの切り替えなどをご検討の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

関連記事

  1. 相続した財産を3年以内に売却して節税
  2. 消費税の特例を適用して、小売業者の消費税額を1店舗当たり約20万…
  3. 【他社失敗事例】遺産分割未了の不動産所得に関して700万円以上の…
  4. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  5. 法人成りシミュレーション
  6. 【他社失敗事例】不動産所得の申告誤り散見
  7. 生命保険加入による「節税対策」の嘘
  8. 決算賞与を踏まえた所得拡大税制(賃上げ・生産性向上のための税制)…

最近の記事

PAGE TOP