法人成りシミュレーション

個人事業で順調に事業拡大していくと、利益が増加するに伴って所得税が累進的に増加していくため、法人化した方が税節税になる場合があります。

一般的に、個人事業で利益が500万円を超えてくると、法人成りを検討した方が良いと言われます。

法人成りを検討する際には、役員報酬をいくらに設定するのか、社会保険料の負担がどの程度増えるのかなど、いろんなケースごとにシミュレーションする必要があります。

同じ利益でも、業種・業態によって法人成りした場合の有利・不利が変わってきますので、法人成りを検討する際には、慎重にシミュレーションする必要があります。

清水公認会計士・税理士事務所では、法人成りシミュレーションを実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 相続した財産を3年以内に売却して節税
  2. 消費税の特例を適用して、小売業者の消費税額を1店舗当たり約20万…
  3. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  4. 【他社失敗事例】不動産所得の申告誤り散見
  5. 生命保険加入による「節税対策」の嘘
  6. 【他社失敗事例】臨時所得の申告誤りで所得税を200万円以上過誤納…
  7. 【他社失敗事例】遺産分割未了の不動産所得に関して700万円以上の…
  8. 出張日当による節税

最近の記事

PAGE TOP