接種会場の準備費用は経費になる?

新型コロナウイルス感染症のワクチンの職域接種が始まっていますが、会社が負担した接種会場の準備費用は経費になるのでしょうか?

職域接種の対象者としては、自社の従業員のみならず取引先や関連会社の従業員等も対象となることもあるようですが、そのような場合、取引先や関連会社に費用負担を求めないことが多いようです。

自社の従業員だけでなく取引先や関連会社の従業員等の接種費用を負担することは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止して、業務への支障を避けるためであるため、その費用は全額損金算入の対象(寄付金や交際費には該当しない)となるようです。

また、接種対象を近隣住民まで拡大したとしても、同様に全額損金算入されるようです。

ちなみに、会社が従業員等の接種会場までの交通費を負担した場合、出張に係る旅費と同様、所得税は非課税(給与課税なし)となるようです。

関連記事

  1. 【国税庁】新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税の…
  2. ふるさと納税の過剰な返戻に対する規制
  3. 土地や建物以外にも固定資産税はかかるの?
  4. 年払いの費用(家賃、リース料、保険料、支払利息等)は1年分すべて…
  5. 年末調整後に配偶者の所得金額について見積額と確定額に差が生じた場…
  6. 令和2年度税制改正 法人課税関係⑤5G導入促進税制
  7. 売掛金や貸付金が回収できない場合の処理は?
  8. 令和2年度税制改正 法人課税関係②交際費課税

最近の記事

PAGE TOP